熊本の玉名市、阿蘇でミニトマトの栽培をしている坂上農園

当農園について

GlobalグローバルGAP

欧州を中心に世界100ヵ国以上で実践されているグローバルGAP

グローバルGAPとは

グローバルGAPは、欧州を中心に世界100カ国以上で実践されているGAP(Good Agricultural Practice:適正農業規範)の世界標準です。グローバルGAPでは、農業生産の取り扱いにおける農産物の安全管理手法や労働安全、持続可能な農業など環境保全型農業実践のために、具体的なチェック項目を定めております。

農産物の世界的な流通においては、もはやグローバルGAPの認定取得が取引条件となっており、サプライヤーとして「選ばれる」ための必須要件として求められております。

欧米と日本

欧米では、事業リスクを最小化することが小売事業者の標準的な動きとなっております。

特に、小売業売上高世界ランキングのトップ10にあるような量販店は、国際的な認証規格を取得しているサプライヤーや農業生産者からの仕入を優先しており、自らの販売チャンネルにおいてリスク・ヘッジできない農産物の取り扱いを排除しはじめております。

日本での認証取得実績は未だ少なく、規模だけでなく農産物の安全管理も途上段階です。中国、韓国、東南アジア諸国と比較しても、この分野での取り組みが少なく、日本では今後のグローバルGAPの取り組みが期待されております。

グローバルGAPが目指す先

グローバルGAPは、全世界農業者の共通のテーマでもある「食の安全リスクの低減」「労働安全」「環境保全」「生態系の維持」の実践を目指しております。

「食の安全と持続可能な生産管理」を社会の求めるレベル以上に実現するための、ハーモナイズ化された共通の規格とツール開発(効率的な適合性確認含む)に取り組んでおります。

これらを通じ、健康で持続的な社会実現に貢献することを当農園は目指します。

グローバルGAPを取得するまで

  • Step 01

    チェックシートの配布と理解促進。

    衛生的、物理的なリスクのチェックを行います。

  • Step 02

    チェックシートを元にリスクの改善。

    300ものチェック項目があります。

  • Step 03

    審査資格取得者によるチェック。

    グローバルGAPの審査資格取得者によるチェックを行います。

  • Step 04

    グローバルGAPの最終審査と認証。

    最終審査通過後、グローバルGAPの認証を得ます。

坂上農園がグローバルGAPを取得した理由

世界基準であるグローバルGAPの取得した大きな理由は、安心で安全なミニトマトを皆様の食卓に並べて欲しいという想いから取得いたしました。

このグローバルGAPは、欧州では当たり前の基準になっております。

生産過程から出荷するまで、徹底した管理を行い、生産過程で1つでも怠っていたら出荷ができません。

このように厳しい検査の末、認められたミニトマトのみが皆様の食卓に並びます。

これからも、皆様の食卓に安心で安全なミニトマトが並ぶように、徹底した良いミニトマトを提供し続けます。

坂上農園がグローバルGAPを取得した理由