熊本の玉名市、阿蘇でミニトマトの栽培をしている坂上農園

ミニトマトについて

Cultivation栽培方法

栽培方法

ミニトマトにも、消費者様にも優しい養液栽培

当農園では主に養液栽培でミニトマトを生産しております。

養液栽培とは、土を使わずに、肥料を水に溶かした液(培養液)で作物を栽培する方法です。

この方法はヤシガラを使用したココバックというものにミニトマトの種を植えます。

潅水はオンラインドリッパーと呼ばれる点滴潅水用のノズルをポットに挿して行う方法が一般的です。

メリット

  • 品質の高い均一性
  • 容易な水分コントロール
  • 土壌病害の回避
  • 土壌消毒の回避
  • 災害に強い
  • マニュアル化のしやすさ
  • 足場の凹凸均一化

デメリット

  • コストの増加
  • 空間利用効率の問題
  • CO2供給の問題

土はふわふわに

土を使用している農園、品種の場合は、土をふわふわにします。

そうすることで根が張りやすくなり、根を大きく張ることでたくさんの栄養が栄養をミニトマトに行きわたらせることができます。

また、土にもバクテリアなどの菌や、米ぬかや麦わらなどの栄養も加え、なるべく農薬を使わず美味しいミニトマトの栽培を行っております。

土はふわふわに